上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花粉症の方には辛い季節となりました。本サイトでは花粉症の対策・予防にピッタリの商品を紹介しております。以下からシチュエーションに応じたアイテムをお探し下さい。
スポンサーサイト
『外出する際は』このアイテム
 ■花粉症予防マスク  ■ゴーグル
 外出する際は、メガネやマスク、帽子などでスギなどの花粉を寄せ付けないことが重要です。
 家の中に花粉を持ち込まないようにする事も大事です。

『外から帰ったら』このアイテム
 ■鼻洗浄機器  ■目薬・洗眼液
 帰宅時には、うがい+手洗い+洗顔で花粉を洗い落とすことが大切です。
 布団や衣服、ソファ等家の中に付着させないよう気を付けて下さい。

『体質改善をするなら』このアイテム
 ■食品(サプリメント等)  ■飲み物
 くしゃみ・鼻水・かゆみにはヒスタミンを抑制する作用のある、甜茶やバラの抽出物がよいでしょう。
 花粉症シーズンの2~3週間前から摂取することをオススメします。
環境省花粉情報サイト
http://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/

Yahoo! 花粉対策特集2006
http://kafun.yahoo.co.jp/
花粉症の人が何故増えているの?
何故、突然花粉症になってしまうのでしょうか?それには生活・社会環境が大きく関わっています。

1)戦後に大量植林されたスギが近年、開花の適齢期を迎えています。
  更に地球温暖化等の影響で花粉飛散量が増えています。

2)排気ガスなどで汚染された大気により、体が抗体を増やして発症を促進させます。
  道路等の整備環境が進んだ事で、一度地面に落ちた花粉が再飛散しています。

3)栄養の偏った食事、不規則な睡眠時間、ストレス等によりアレルギー体質になり易くなっています。

4)密閉度の高い建物が増え、通気性が悪い為、アレルギーの元となるダニ等が増殖します。

花粉症のメカニズム

1)花粉(アレルゲン)が侵入すると、体はそれを排除する為、IgE抗体を作ります。

2)再び花粉が体内に入ると、鼻の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。

3)肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉を体外に放り出そうとします。

4)それがくしゃみ、鼻水、鼻づまり等花粉症と呼ばれる症状に現れます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。